働きながら看護学校へ

働きながら看護学校へ

看護学校には、看護専門学校3年、看護大学4年などで昼間の定時制のものはありますが、夜間のものはありません。ただし、准看護師の資格を持っているひとが看護師の資格をとるために通うものには、少ないですが夜間のものがあります。准看護師ではない人が行く准看護師学校とは違います。昼間は働き、夜間に看護の勉強をする、といったような形を取ろうという人がいたとしたら、いきなり看護師の資格を取るために看護学校に通うことはできないので、まず准看護士の資格を夜間の学校に3年間通うことで取得し、その後、准看護士の資格も持っている人が看護師の資格を取るための夜間のものに2、3年間通う必要があります。この方法ならば最終的には夜間だけで看護師の資格を取ることは可能ですが、かなり遠回りで時間も看護学校に直接通うよりもかかりますし、資格をとるためにはもちろん学校での時間以外にも勉強時間は必要なのでかなり大変な道のりになるでしょう。学費のためのお金のやりくりが大変ということで昼間は働き、夜間に学校に通うという方法を考えるのは当然のことのように思われますが、さきほど述べたようにかなり遠回りなため、ある程度お金を貯め、かつ奨学金などの制度を利用することで昼間に看護学校に通うという方法が結果的には良い方法といえるでしょう。奨学金には経済的に困難な状況にある人を病院が扶助してくれたり、返済の不必要なものがあったり、さまざまものがあるので看護師を志望する人にとっては大きな助けとなっています。看護師になるための方法として昼間と夜間と、時間のことを考えると様々な方法がありますので、自らの将来を見据えて計画的に考えて、受験し、通う学校を決めていく必要があります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ