メニュー

SIMフリー端末は通信業界の革命です

先日、SIMロック解除を各キャリアに義務付けるという方針が明らかになりました。
SIMフリーの端末が増えるということは、違うキャリアのSIMカードをさせば、その機種を違うキャリアのスマートフォンとして使えるということです。
あまりピントこない表現かもしれません。
ですが、これは通信業界にとっては非常に大きな革命の一歩なのです。

これまでガラケー時代から、SIMカードとキャリア端末は常にセットでした。
つまり、ドコモの携帯電話にソフトバンクのSIMカードをいれても作動しません。
ですが、ドコモの携帯電話に、他人のSIMカードをいれると、その携帯電話が他人の着信を受けられるという仕組みです。
他のキャリア端末で作動できないことをSIMロックという言葉で表現していました。

このSIMロックができなくなるということは、どの端末にどのSIMカードをいれても動くということです。
つまり、最終的には、ソフトバンクのスマートフォン、ドコモのiPhoneとかそういうくくりがなくなっていき、スマートフォンはスマートフォンを売る会社、通信は通信を売る会社と明確に区別されることになるでしょう。
こうなってくると、次に陽の目を浴びるのは、新しい通信会社です。現在、高騰化している通信料の中で、格安SIMカードを販売する会社が増えてきました。
それがMVNOです。MVNOは、ドコモなどの通信網を借りながら通信をする会社で、最近では超低速だったり少ない利用量で設定しながらも、月数百円という考えられないような通信料でサービスを提供する会社が増えてきました。
これまではSIMフリー端末が圧倒的に少なかったため、そこまで注目されることはありませんでした。
ですが、SIMフリー端末が今後一般化してきたら、格安でサービスを提供できる通信会社が一気に優勢に立つかもしれません。

通信業界の戦国時代はこれからやってきます。
会社にとっては大変かもしれないですが、この荒波の中で、サービスが向上していくことは間違いないでしょう。
ユーザーにとっては、今後の流れに大きく期待を寄せたいものですね。